古物商許可取得はあさひ法務へ

トップページ税経センターグループ会社概要業務一覧料金スタッフ紹介案内地図サイトマップお問合せ

古物商許可の基準


 ・許可の要件
 ・許可申請のための必要書類

欠格要件に該当しないことが必要です


1.成年被後見人若しくは被保佐人又は破産者で復権を得ない者

2.禁固以上の刑に処罰されるか、特定の犯罪により罰金刑に処せられた人で5年以上経過
  していない者

3.住所不定者

4.古物営業の許可を取り消されてから5年以上経過していない者

5.営業に関して成年者と同一の能力を有しない未成年者

※1〜5に該当する個人、法人で役員に該当者がいる場合は古物商の許可を取得することが
できません。

古物商許可の必要書類


提出を求められる書類は、各警察署によって異なります。事前に管轄警察署で確認してください。

個人の必要書類
・古物商許可申請書
・誓約書
・住民票
・身分証明書
・登記事項証明書(登記されていないことの証明書)
・略歴書

法人の必要書類
・古物商許可申請書 誓約書
・住民票
・身分証明書
・登記事項証明書(登記されていないことの証明書)
・略歴書 法人登記簿謄本 定款の写し  

上記以外にも提出が必要な書類があります。
例)
・不動産登記簿謄本
・賃貸借契約書
・管理規約
・使用承諾書
・URL届出書 
・URL疎明資料
・地図
・見取図 


環境系の資格を持つ専門家がお手伝いしたします。

講習会受講の手引き(申込書付き)無料です。

申請のお手伝い、申請後のアフターフォローも ご相談下さい。

TEL
 04−7164−0638  
FAX 04−7166−4154


メール問合せ info@asahihoumu.com